beat goes on...
       
     
[New Entry]  [Admin]

PROFILE
【Title】 beat goes on...
【Author】 happyman
名古屋、長野、東京での生活
を経て、2005年2月、16年振り
に故郷に戻ってきた。
僕の野望は、まだまだ続いて
ゆく…、のかな?!


MY ALBUMS
  • 『Sweet Ray』   
  • 『M.ライオンなモノ』   
  • 『Wouldn't it be nice?』   


  • エドサリ RECOMMEND
    OUR RUSTY WAGON
    PLAGUES
    PLAGUES
    これまでの投稿はこちら


    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • COVEな夢(10/03)
  • 今日パノ(10/02)
  • 並走(10/01)
  • 今日パノ(09/25)
  • スカイツリー(09/23)
  • 閉店前に(09/23)
  • 朝食(09/22)
  • 今日パノ(09/19)
  • 道草サイクリング(09/18)
  • 赤身ジャケット(09/16)
  • 侵食(09/15)
  • (09/11)
  • 今日パノ(09/11)
  • 今日パノ(09/10)
  • すてきステーキ(09/05)
  • 花火(09/04)
  • 朝焼け(09/04)
  • カンテラ(08/31)
  • 邪魔烏賊(08/29)
  • 食べっぷり(08/29)


  • RECENT COMMENTS
  • ちびシオン #001
    tree-end.gif happyman (06/24)
  • 三輪車
    tree-end.gif happyman (06/24)
  • ご無沙汰
    tree-end.gif happyman (06/24)
  • ちびシオン #001
    tree-end.gif yanawin (06/23)
  • 三輪車
    tree-end.gif かしぃ (06/01)
  • チビの好きなCM
    tree-end.gif トシ (11/08)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2011年10月 (3)
  • 2011年09月 (14)
  • 2011年08月 (16)
  • 2011年07月 (12)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (12)
  • 2010年11月 (12)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (22)
  • 2010年08月 (16)
  • 2009年07月 (17)
  • 2009年06月 (12)
  • 2009年05月 (2)
  • 2008年01月 (4)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (14)
  • 2007年09月 (11)
  • 2007年08月 (22)
  • 2007年07月 (30)
  • 2007年06月 (24)
  • 2007年05月 (28)
  • 2007年04月 (33)
  • 2007年03月 (35)
  • 2007年02月 (31)
  • 2007年01月 (28)
  • 2006年12月 (36)
  • 2006年11月 (30)
  • 2006年10月 (26)
  • 2006年09月 (43)
  • 2006年08月 (43)
  • 2006年07月 (36)
  • 2006年06月 (34)
  • 2006年05月 (57)
  • 2006年04月 (36)
  • 2006年03月 (33)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (34)
  • 2005年11月 (37)
  • 2005年10月 (44)
  • 2005年09月 (31)
  • 2005年08月 (29)
  • 2005年07月 (33)
  • 2005年06月 (32)
  • 2005年05月 (15)


  • CATEGORY
  • HELLO! (1)
  • DIARY (541)
  • KID (202)
  • RAYCIOUS WORDS (24)
  • FAMILY EVENTS (22)
  • GOURMET (58)
  • DH RIDE (56)
  • エドサリ RECOMMEND (30)
  • MUSIC (33)
  • GUITAR (7)
  • MOVIE (6)
  • SPORTS (15)
  • MOTOR (25)
  • TRAIN (15)
  • TRIKE (9)
  • FASHION (15)
  • BOOK (19)
  • GOODS (15)
  • GOLDFISH (7)
  • CURRENT EVENTS (16)
  • WEB TOOLS (9)
  • BLOG CUSTOMIZING (9)
  • MOBLOG (1)


  • SEARCH


    LINKS
  • なんちゃって農夫
  • リーマン日記


  • OTHERS
  • RSS 1.0
  • モバイル
  • FC2ブログ(blog)


  • MOTO NEWS CLIP


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 in スポンサー広告 | Permalink | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
    続け!!
    友人の再就職先採用の朗報が届いた。
    とても、喜ばしい話。
    明日は、僕も、面接。
    採用募集を実施していない会社への飛び込み的なアプローチだったが、何とか面接まではこぎつけた。
    だから、どんな展開になるのか、実のところ、まったく読めない。


    面接試験はだれもが緊張するもの。
    しかし、前もってきちんと準備を行い、ルールとマナーさえわきまえていれば、それほど身構える必要もないのだ。
    以下に面接に臨む際の心構えを 【面接の鉄則6カ条】 としてまとめた。
    いずれも、あなたらしさを面接官に伝え、面接を上手に進めていくための鉄則だ。
    さあ肩の力を抜いて面接に臨もう。

    面接の鉄則6カ条

    【鉄則1】 相手の視線を受け止める
    面接とは、ある意味で、欲する人と売り込む人が真っ向からぶつかる真剣勝負ということができる。
    いうなれば、意思のぶつかり合い。自信や意欲を感じ取ってもらうことがとても重要なのだ。
    せっかく立派な答えであっても、うつむいていては意欲は伝わらない。
    まず、面接官の視線をまっすぐに受け止め、堂々と話そう。
    上まぶたに力を入れ、こめかみ付近の筋肉を心持ち引っぱりぎみにすると、自信に満ちた目が演出できる。

    【鉄則2】 明瞭簡潔に答える
    面接官は、応募者の答えを受けて、さらに突っ込んだ質問をしようと待ち構えているものだ。
    面接官の用意する先々の質問が読める場合もある。
    が、ここでは決して答えを先回りするようなことをしてはいけない。
    一つの質問に明瞭簡潔に答え、次の質問を待つ。
    先読みした回答では、質問に答えたことにならないし、会話の呼吸を乱してしまうことにもなるのだ。
    ハキハキとテンポよく、会話のリズムを大切にしよう。

    【鉄則3】 過去より未来をアピール
    自己を強く印象づけたいあまり、強引な実績の売り込みになったり、言葉の端々にゴリ押しが感じられるようだと印象は悪い。
    ふだんの人間関係と同じことで、常に謙虚さは必要だ。
    面接官が期待するのは、あくまで未来である。
    そのことを念頭に、過去の実績が、その会社の将来にどんなふうに役立つ可能性があるのかアピールしていこう。

    【鉄則4】 積極的な印象を与えよう
    面接官が最も敬遠するのは、消極的で覇気の感じられないタイプだ。
    ここで働きたいという積極性が伝えられなければ、その面接は失敗に終わる。
    積極性は言葉だけではなく、機敏な動作や身ぶりによっても表現することができる。言葉もハキハキと小気味よさを印象づけよう。

    【鉄則5】 知ったかぶりは失敗のもと
    知識の量が測られていると思うと、つい背伸びをしてしまいがちだが、すぐにボロが出る。
    分からないことは分からないと答える方が、誠実な印象を与え、結果としてプラスになるだろう。

    【鉄則6】 一生懸命が基本
    面接の受け答えは、必ずしもスマートである必要はない。
    むしろ、多少たどたどしくとも、伝えたいという気持ちが前面に表れる方が、熱意や一生懸命さが感じられて、好印象を与える場合もある。
    また、そうした態度からは、誠実な人柄も偲ばれる。
    こと面接においては派手なパフォーマンスを演じるよりも、飾り気のない純朴なタイプが受け入れられやすい。


    彼(友人)に、続け!!


    【2005/12/19 21:45】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://beatgoeson.blog12.fc2.com/tb.php/246-f12ff82f


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。