beat goes on...
       
     
[New Entry]  [Admin]

PROFILE
【Title】 beat goes on...
【Author】 happyman
名古屋、長野、東京での生活
を経て、2005年2月、16年振り
に故郷に戻ってきた。
僕の野望は、まだまだ続いて
ゆく…、のかな?!


MY ALBUMS
  • 『Sweet Ray』   
  • 『M.ライオンなモノ』   
  • 『Wouldn't it be nice?』   


  • エドサリ RECOMMEND
    OUR RUSTY WAGON
    PLAGUES
    PLAGUES
    これまでの投稿はこちら


    CALENDAR
    09 | 2005/10 | 11
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • COVEな夢(10/03)
  • 今日パノ(10/02)
  • 並走(10/01)
  • 今日パノ(09/25)
  • スカイツリー(09/23)
  • 閉店前に(09/23)
  • 朝食(09/22)
  • 今日パノ(09/19)
  • 道草サイクリング(09/18)
  • 赤身ジャケット(09/16)
  • 侵食(09/15)
  • (09/11)
  • 今日パノ(09/11)
  • 今日パノ(09/10)
  • すてきステーキ(09/05)
  • 花火(09/04)
  • 朝焼け(09/04)
  • カンテラ(08/31)
  • 邪魔烏賊(08/29)
  • 食べっぷり(08/29)


  • RECENT COMMENTS
  • ちびシオン #001
    tree-end.gif happyman (06/24)
  • 三輪車
    tree-end.gif happyman (06/24)
  • ご無沙汰
    tree-end.gif happyman (06/24)
  • ちびシオン #001
    tree-end.gif yanawin (06/23)
  • 三輪車
    tree-end.gif かしぃ (06/01)
  • チビの好きなCM
    tree-end.gif トシ (11/08)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2011年10月 (3)
  • 2011年09月 (14)
  • 2011年08月 (16)
  • 2011年07月 (12)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (12)
  • 2010年11月 (12)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (22)
  • 2010年08月 (16)
  • 2009年07月 (17)
  • 2009年06月 (12)
  • 2009年05月 (2)
  • 2008年01月 (4)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (14)
  • 2007年09月 (11)
  • 2007年08月 (22)
  • 2007年07月 (30)
  • 2007年06月 (24)
  • 2007年05月 (28)
  • 2007年04月 (33)
  • 2007年03月 (35)
  • 2007年02月 (31)
  • 2007年01月 (28)
  • 2006年12月 (36)
  • 2006年11月 (30)
  • 2006年10月 (26)
  • 2006年09月 (43)
  • 2006年08月 (43)
  • 2006年07月 (36)
  • 2006年06月 (34)
  • 2006年05月 (57)
  • 2006年04月 (36)
  • 2006年03月 (33)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (34)
  • 2005年11月 (37)
  • 2005年10月 (44)
  • 2005年09月 (31)
  • 2005年08月 (29)
  • 2005年07月 (33)
  • 2005年06月 (32)
  • 2005年05月 (15)


  • CATEGORY
  • HELLO! (1)
  • DIARY (541)
  • KID (202)
  • RAYCIOUS WORDS (24)
  • FAMILY EVENTS (22)
  • GOURMET (58)
  • DH RIDE (56)
  • エドサリ RECOMMEND (30)
  • MUSIC (33)
  • GUITAR (7)
  • MOVIE (6)
  • SPORTS (15)
  • MOTOR (25)
  • TRAIN (15)
  • TRIKE (9)
  • FASHION (15)
  • BOOK (19)
  • GOODS (15)
  • GOLDFISH (7)
  • CURRENT EVENTS (16)
  • WEB TOOLS (9)
  • BLOG CUSTOMIZING (9)
  • MOBLOG (1)


  • SEARCH


    LINKS
  • なんちゃって農夫
  • リーマン日記


  • OTHERS
  • RSS 1.0
  • モバイル
  • FC2ブログ(blog)


  • MOTO NEWS CLIP


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 in スポンサー広告 | Permalink | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
    ハピハロ
    ジャックくん
    ウチのジャックくん。
    我が家では仮装したりはしなかったけどね。

    ところで、僕は何年か前まで、このカボチャお化けの「Jack-O'-Lantern」を「麝香(じゃこう)ランタン」だと勘違いしていた。
    別に、ムスクの香りがするわけないのに・・・。
    あぁ、恥ずかしや。


    スポンサーサイト
    【2005/10/31 22:51】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    エドサリ RECOMMEND #011
    大好きなヴァン・モリソンからこのアルバムを。

    Moondance
    Van Morrison
    Moondance
    【1970年発表】
    VAN MORRISON lyrics

    孤高のアイリッシュ・ソウル・シンガー、「ヴァン・モリソン」。
    今年60歳を迎えるベテランミュージシャンだが、来日公演は未だ実現せず、来日が待たれる最後の大物の一人。
    機会があれば、ぜひぜひ見たいし、'60年代半ばに彼が在籍していた「THEM」時代の「Gloria」や「Baby Please Don't Go」なんかもナマで聴いてみたい。

    さて、アルバムだが、僕の生まれた頃に発表されたもの。
    モリソンの初期の傑作にあたるが、本人はあまり気に入っていないとか・・・。
    しかし僕にとっては、モリソンに最初に触れたアルバムであり(厳密に云えば、The Bandの「The Last Waltz」だが)、アルバムタイトル曲でもある「Moondance」は、ジャズ、ソウル、ロックが融合したスウィング感溢れるオトナなダンスミュージック。
    そこに、モリソンのスウィートでありながらも力強い、そう、ロマンチックでありながらもエモーショナルな歌声が流れる。
    Mmm・・・、まさに、グッド・ミュージック!



    ※ 『エドサリ RECOMMEND』 ・・・
      現在活動休止中(?)の僕も属するバンド「The Ed Sulliband」(通称:エドサリ)。
      この『エドサリ RECOMMEND』は、いつになるのか判らない活動再開のために、
      (主に)メンバーに向けて、気になる音楽ネタを不定期に届けています。
      最新記事を含む過去の内容はこちらから。


    【2005/10/31 18:12】 in エドサリ RECOMMEND | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    SM SL
    かなりSな個性を持ったヤツに会ってきたよ。

    SL機関車 動輪と主連棒

    叫び声も大きいね・・・。



    【2005/10/30 16:42】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    一週間ぶり
    先週はモーターショーの疲れでちょっと鼻かぜ気味だったのでお休みしていた早朝サイクリング。
    一週間ぶりに再開。
    そうはいっても朝はだいぶ寒くなってきたので、いつもより2時間遅れの8:30にスタート。
    日曜日の朝なので、クルマの交通量も少なく走りやすかった。

    サイクリングコース脇に植えられている木々の葉もだいぶ色づいてきた。
    いい景色だ・・・。
    今日は、何度も足を止め、シャッターを切った。

    ●コース風景
     コース風景 #1 コース風景 #2
     コース風景 #3 コース風景 #4 コース風景 #5

    ●木々の葉
     木々の葉 #1 木々の葉 #2 木々の葉 #3
     木々の葉 #4 木々の葉 #5 木々の葉 #6

    ●街路樹(ナナカマド)の実
     ナナカマドの実 #1 ナナカマドの実 #2 ナナカマドの実 #3


    【2005/10/30 11:24】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    モーターショー・レポート(番外編)
    「レポート#04」に引き続き・・・。


    そんなこんなで数日に渡りレポートを書いてきたわけですが、今回の番外編でラストとなります。
    帰途までもレポートしますので、よろしくっす!
    また、ラストですので、ここぞとばかりに画像をアップしてます。
    重いのはご容赦ください。(^^ゞ

    てなわけでモーターショーといえば、男性ならば意識せずにはいられない"コンパニオンのキレイなお姉さんたち"。
    意を決して、撮影を試みてみました。
    実のところは、子どもを出しに使って撮影をお願いしたわけで・・・。
    ナンパが苦手な僕にとっては、こうでもしないと声を掛けられないんです。
    今回は、通称"カメラ小僧"と呼ばれている方々(もしくはカメラを持った記者たち)の生々しくも華麗な撮影技術を垣間見てしまいました。

     それはというと・・・、

    撮影依頼をした後にストローラー(ベビーカー)の位置をセッティングすると、お姉さんが子ども横にひざまずいてポーズをとってくれるわけですよ。
    その間、10秒前後。
    「じゃ撮影しようかな」と思い、後ろを振り返った瞬間に数秒前には居なかったはずのカメラを構えた人々が一斉にシャッターを切り始めるんですね。
    きっとコンパニオンの胸元なんかがアングル的に撮れ易いんだろうね・・・。
    お願いした当の本人である僕が撮影位置を気にしちゃったりしてね。
    で、子どもはというと、隣には見知らぬ派手な衣装のお姉さん、目の前ではフラッシュの嵐。
    そんな状況なので、1歳の彼はかなり引いてました。

     ゴメンな! 父ちゃん、もうしないよ・・・。

    お姉さんと息子 #1 お姉さんと息子 #2 お姉さんと息子 #3

     と反省したところで。

    写真を撮ってくれた「TOYO TIRES」のブースに居たこの彼女は依頼の受け答えも丁寧だったので、僕から、はなまるを贈ります。
    お姉さんと息子 #4 「TOYO TIRES」のお姉さん


    15:30~ 【葛西臨海公園】
     幕張を後にし、慣れ親しんだ街、江戸川区に移動。
     子どもが伸び伸び遊ぶのに最適な葛西臨海公園へ。
     観覧車に乗ったら頻繁に往来する京葉線の列車が見えるので、彼は大興奮でした。
     その後も、彼のテンションは上がり放しで、あちこちに走り回っていました。
     僕もこの観覧車に乗るのは初めてだったので、シャッターを何枚か切りました。

      かつて暮らした町並み       都心方面
      かつて暮らした町並み 都心方面

      東京湾                 京葉線に興奮
      東京湾 京葉線に興奮

     また、海辺まで歩き、夕暮れ時の写真を撮りました。

      「You have!」 「I have!」       「ポーツマス!ポーツマス!」
      「You have!」 「I have!」 「ポーツマス!ポーツマス!」

      東京湾の日暮れ           絵になる家族連れ
      東京湾の日暮れ 絵になる家族連れ


    17:15~ 【焼肉ジャンボ】
     とにかく旨いとしか言いようのない江戸川区篠崎の焼肉屋、「焼肉ジャンボ」
     取材お断りの店なので、「伝説の・・・」とか「かの噂の・・・」といった表現をする方が多い。
     有名人が来店するからどうのって訳ではないが、以前、先輩と居たら、V6の長野博さん、
     タレントの中山エミリさん、ダチョウ倶楽部の寺門ジモンさんらご一行に出くわした。
     うち一人が、大声で能書きを話していて、やかましかったが・・・。
     そんな事はさておき、この店の特徴は、素材の良さが他店とは遥かに違うところにある。
     同じカルビに"上"と"並"があるが、"並"でも"特上"のグレード。
     しかも、価格はリーズナブルで、仮に同レベルの肉を出す店ならば、もっと高くつくはず。
     この店で、僕が必ず注文するのが、「上ミノ」。
     上ミノ
     コリコリした食感だけのミノはよく在るが、ココのは脂が程よく付いているので甘みを感じる。
     ついでに裏メニューの「ミノサンド」もオーダー。
     これは、ミノのコリコリした部分が脂をサンドした状態でカットされたもの。
     こいつも旨かった。
     ミノサンド
     店のマスターも僕のことを憶えてくれていたようで嬉しかった。
     こんな店が近くにあったらと思うが、上京した時の楽しみとして、また来たいな~。
     

    18:45~22:00 【帰途】
     途中、前職の職場の前を通過したら、見慣れた顔ぶれを見かけたので停車してご挨拶。
     前職のビル
     かつての同僚や上司たちは、表情は疲労感たっぷりだったが元気そうだった。
     というのも、午前から始まる月次会議が19時をまわっても終らないからだ。
     僕と会った時が休憩時間だったから、まだまだ会議は続くのであろう。
     社長、会議の為に全国から集まるスタッフや座席を片付ける事務局スタッフの為にも
     定時で会議を終らせてあげてくださいな!
     と叫んだところで、僕はもう部外者。

     そして、高速道路に乗り、帰宅。
     高速道路
     楽しく、慌しく、そして、よく歩いた10月24日の一日でした。
     これにて、モーターショー・レポートはおしまい。
     最初から見られる方は、こちらからどうぞ。


    【2005/10/29 07:17】 in MOTOR | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    モーターショー・レポート #04
    「レポート#03」に引き続き・・・。



    東京モーターショーは、四輪車のイメージが強いのですが、二輪車も広々とした会場
    で展示されていました。
    大きな特徴は、市販バイクが数多く展示されており本体に跨がれること。
    見るばかりでなく、お触りオーケー!?なので、楽しいのであります。
    普段、ショップでは遠慮してしまうことも気軽にできてしまうのは嬉しいですね。

     ヤマハ ヤマハ 
      ハイパフォーマンス・ハイブリッド・モーターサイクル『Gen-Ryu』
      ヤマハ Gen-Ryu
      次期モデルとなる『V-MAXスペシャル』
      ヤマハ V-MAXスペシャル

     スズキ スズキ
      走行時にマニュアルとオートマチックが選択できる"金属生体"『ストラトスフィア』
      スズキ ストラトスフィア

     カワサキ カワサキ
      と言えば、スーパースポーツモデルの代表格である『Ninja ZX-10R』
      カワサキ Ninja ZX-10R(フロント) カワサキ Ninja ZX-10R(サイド?)

     ホンダ ホンダ
      わが子もご満悦!既に市販されている『CRF50F』
      ホンダ CRF50F

     トライアンフ トライアンフ
      ポール・スミスが外装デザインした『ボンネビルT100』
      トライアンフ ボンネビルT100

     ハーレー・ダビッドソン ハーレー・ダビッドソン
      カッチョいいずぇぃ~!(型番忘れた。)
      『BUCO』のグレイトフル・デッド・モデルのヘルメットを被って走りたいものです。
      ハーレー・ダビッドソン 型番不明

     ドゥカティ ドゥカティ
      ネイキッドもカッコいい『MONSTER 900』
      ドゥカティ MONSTER 900

     BMW BMW
      OHC4バルブのボクサーツインを搭載する『R1150RS』
      BMW R1150RS


    おこちゃま向けということで・・・。

     トミカ トミカ
      歴代のトミカが展示されていました。
      わが子は、会場内ではココが一番楽しそうでした。
      トミカブース

     ピーポくん 千葉県警
      屋外の一角に、パトカーや白バイが展示されていて、自由に乗ることができました。
      写真を撮ろうとすると、気軽に警察帽を貸してくれました。
      子どもは、いつも高いところにある信号機が触れるということで興味深々。
      我が家での信号機の位置付けは今のところ色を教えるアイテムの一つなのですが、
      指を触れて教えることができました。
      しかし、彼は赤色を指差し、"ア・オ!"と言ってしまう・・・。
      信号機


    「レポート(番外編)」に続く。


    【2005/10/28 00:06】 in MOTOR | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    モーターショー・レポート #03
    「レポート#02」に引き続き・・・。


     ホンダ ホンダ
      四輪も二輪もホンダ党の僕にとっては外せないブース。
      スポーティな『SPORTS 4 CONCEPT』(上)、カジュアルな『W.O.W CONCEPT』(下)。
      ホンダらしい提案だった気がします。
      ホンダ SPORTS 4 CONCEPT(フロント) ホンダ SPORTS 4 CONCEPT(サイド)
      ホンダ W.O.W CONCEPT(フロント) ホンダ W.O.W CONCEPT(サイド)
      ちなみに『W.O.W CONCEPT』は、愛犬家をターゲットにしたクルマ。
      運転席と後部座席の両ドアが左右に大きく開くので大型犬の乗り降りもラクそう。
      圧巻は、(三列シートのうち)二列目シートの自動フロア収納。
      犬を飼っていなくても、ファミリー向けにも使えそうです。

     MINI MINI
      ブースとしてセンスが輝いていたのが、MINI。
      空間やディスプレイのアバンギャルドなデザインが特徴でした。
      D.J.が居て回してました。
      また、童心をくすぐるカードタイプのパンフレットが配られました。
      MINIブース #1 MINIブース #2
      MINIブース #3 MINIカタログカード
      ルーフデザインが奇抜だった『MINI CONCEPT TOKYO』。
      MINI CONCEPT TOKYO
      サイドのチェックフラッグパターンがワンポイントの『MINI CHECKMATE』。
      MINI CHECKMATE
      いろんなモデルがありましたが、面はやはり同じデザイン。

     プジョー プジョー
      義弟が購入予定のクルマ『プジョー 1007』。
      春ごろに発売だとか・・・。(車両価格は200~250万円)
      大きなスライドドアが特徴的なコンパクトカー。
      プジョー 1007

     ●買えないが乗ってはみたい・・・。 (乗りたいが買えない・・・。)

      マセラティ 憧れの『マセラティ グランスポーツ』
       マセラティ グランスポーツ

      フェラーリ 8気筒ニューモデル『フェラーリ F430』
       フェラーリ F430

      ランボルギーニ 小学生の時の興奮が蘇る『ランボルギーニ ガヤルド・スパイダー』
       ランボルギーニ ガヤルド・スパイダー

      ハマー 国内じゃ到底ムリだと思われる『ハマー H2』
       ハマー H2

     ●クルマのデザインって・・・。

      フィアット 女性が乗れば可愛いポップな『フィアット パンダ・アレッシィ』
       フィアット パンダ・アレッシィ

      マツダ 流線型の鉄の塊『マツダ 先駆(せんく)』
       マツダ 先駆

      スバル 定番スプレッドウインググリルデザインのSUV『スバル B9トライベッカ』
       スバル B9トライベッカ

      ブガッティ 馬蹄形のフロントグリルが伝統デザインな『ブガッティ ヴェイロン16.4』
       ブガッティ ヴェイロン16.4



    「レポート#04」に続く。


    【2005/10/27 00:13】 in MOTOR | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    モーターショー・レポート #02
    「レポート#01」に引き続き・・・。


     スズキ スズキ
      僕が最も注目していたのは、このスズキのブースでした。
      参考出品の二人乗り軽乗用車『LC』。
      かつての『フロンテ360』を現代に蘇らせたモデルといった感じ。
      (車は)角張ったデザインが好きな僕でも、このデザインは愛らしく感じる。
      赤とチェックの柄のシートやトリムは、『初代モンキー』っぽい。
      4人乗りで販売されることになったら買うと思うよ。(たぶん・・・。)
      スズキ フロンテ360(フロント) スズキ フロンテ360(フロント・アップ)
      スズキ フロンテ360(サイド) スズキ フロンテ360(リア)
      スズキ フロンテ360(インテリア) スズキ フロンテ360(コンパニオン)

     フォルクスワーゲン フォルクスワーゲン
      何とか手に届きそうな価格で、最も気になるホットハッチ、『ゴルフ GTI』。
      精悍なマスク、チェック柄のシート、DSG(クラッチペダルのないマニュアルモード付きのAT)。
      夫婦で運転する場合にそれぞれがドライヴィングを楽しめそうなクルマ。
      フォルクスワーゲン ゴルフ GTI
      ポロも先代同様、やっぱりGTIが出るんですね。『ポロ GTI』。
      フォルクスワーゲン ポロ GTI 
      
     アルファロメオ アルファロメオ
      とにかく、"かっちょいい!"の一言に尽きる『ブレラ』。
      スポーティ、エレガンス、コンパクトな一台。
      こんなクルマを所有したら、ガレージは必要だな・・・。
      アルファロメオ ブレラ(フロント) アルファロメオ ブレラ(フロント・アップ)
      アルファロメオ ブレラ(サイド) アルファロメオ ブレラ(リア)


    「レポート#03」に続く。


    【2005/10/26 08:04】 in MOTOR | Permalink | Trackback(1) | Comment(0) |
    モーターショー・レポート #01
    昨日行ってきた、千葉県は幕張メッセで開催中の「第39回 東京モーターショー 2005」についてのレポート。
    画像多めで、何回かに分けてお送りします。


    5:30 【出発】
     夜明け前に出発。
     高速道路を走行中に日の出を仰ぐ。
     富士山もきれい。
     日の出 富士山

    9:30 【会場到着】 
     幕張メッセに到着。
     今回は子どもも同伴だったのでストローラー(ベビーカー)に乗せて列に並ぶ。
     そうすると、係員からの誘導が・・・。
     ベビーカーや車椅子の観覧者は、別に列が設けられているようだ。
     開催を待つ一般の方の何百メートルの行列を横目に、いきなり先頭列へ。
     なんか、得した気分。
     幕張メッセ 入場ゲート案内


    10:00 【開場】
     写真を撮りつつ、各ブースを周る。

     ニッサン ニッサン
      今回のショーの目玉は、これでしょう!!
      2007年登場を予告している次期型GT-Rのコンセプト『GT-R PROTO』。
      丸目のテールランプも復活するようだ。
      ニッサン GT-R PROTO(フロント) ニッサン GT-R PROTO(リア)


    「レポート#02」に続く。


    【2005/10/25 23:53】 in MOTOR | Permalink | Trackback(1) | Comment(0) |
    モーターショー
    東京モーターショー #1 東京モーターショー #2)
    東京モーターショー #3 東京モーターショー #4
    四輪も二輪もパーツもいっぱい。
    平日は結構空いているので楽に見れた。
    また後日、報告します。


    【2005/10/24 13:36】 in MOTOR | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    霊峰
    秋の晴天に恵まれた一日。
    しっかし、朝のサイクリングは寒かった・・・。
    ここのところでは珍しく、夜明けから青空が多い空で、途中では霊峰も拝むことができた。
    霊峰

    本日は、フィジカルなイベントがあるらしく、会場には朝の七時台から人が集っていた。
    参加者の皆さん、それにブログクイーンのお姉さん、お疲れサマンサ。
    イベント #1 イベント #2

    明日は、早起きせねば!
    義弟の誘いで「東京モーターショー」に行って来ます。
    今回も日帰りです。


    【2005/10/23 18:12】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    きのこ汁&開拓おかき
    きのこ汁
    妻の友人ファミリーが、千葉から泊まりで遊びに来てくれた。
    夕食は、近所のいつもの天ぷら屋へ。
    先日紹介した(完食後の)きのこ汁
    今度はちゃんと食べる前に写真を撮りました。
    一杯、700円也。

    お土産に頂いた北菓楼の「北海道開拓おかき(いか味)」。
    北海道開拓おかき
    これ、ほんと、美味い!!

    子ども達も兄妹のように仲良く遊んでいた。
    子ども達
    まるで、彼らのように・・・。
    兄妹


    【2005/10/22 21:36】 in GOURMET | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    Tottemo Annin
    Nestea「杏仁紅茶」。

    Nestea 杏仁紅茶

    寒かったので、駅のホームにある自販機で購入。

    杏仁風味のなめらかなホットミルクティー。

    これ、気に入った!


    【2005/10/21 23:39】 in GOURMET | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    飲みました!
    若い連中に誘われた、普段とは違う街での飲み会。

    駅前

    僕は午前様にならないよう一足先に帰宅。

    ユース達と時間を過ごすのは楽しいし、勉強になります。

    誰かしらドラム経験者と音を出す約束したけれど、どうなるのでしょうか?


    【2005/10/21 23:33】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    ギガホン?!
    端艇のコーチングは大変そうです。

    コーチ with ギガホン

    熱のこもった指導の声が響きます。

    ありゃ、ギガホン(=巨大メガホン)だな?!

    ホント、熱いコーチでした。


    【2005/10/20 07:18】 in GOODS | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    よみがえる記憶
    本日の講習より、MS-ACCESSの応用編に突入。
    テキストを見ると、"(スポーツクラブの)会員管理データベース"の文字。
     テキスト

    前職の記憶がよみがえってくるのです。
    実際のシステムは、こんなに単純じゃないけれども。

    そういえば、かつて、システム導入の頃、赤羽からの電車の中で、nabeoさんが僕にこんなコトバを掛けてくれたね・・・。
     「(happymanと)"会員管理"は切っては切れない関係なんだよ!」

    辞めた現在も、そうみたいね。


    【2005/10/19 13:36】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    マゼンダの空
    ようやく、こんな色の空を見れる季節になった。

    マゼンダの空

    もっと深みのあるマゼンダ色を見たことがあるけれども、それは次の機会ってことで・・・。


    【2005/10/18 17:30】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    仲良し
    前職の同じ職場で知り合った友人夫婦に電話を掛け、近況報告。
    いつも思うのだが、この夫婦はとても仲良しで、年賀状にその一年の出来事を細かく書いてくれるので楽しみに拝見させてもらっている。
    仲良しである(決してベタベタしているという意味ではない)ことは羨ましいことなのだが、周りの人をハッピーな気持ちにしてくれる笑顔が素敵だなと、いつも感心すると同時に見習わなくてはと思うのであります。
    もうすぐ彼らは二世帯住宅を建てるそうだが、きっと、にぎやかな生活になるんじゃないかな?!

    電話の先の声は、二人とも元気そうで何より何より・・・。
    一時間近く長話をし、「また、会おうね!」って電話を切った。
    Aちゃん、論文執筆、頑張ってね!


    【2005/10/17 22:02】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    エドサリ RECOMMEND #010
    先日、tomomoさんが映画「スウィングガールズ」について触れられておりましたが、ブラスバンドってことで、このアルバムがすぐ浮かびました。

    Turn Things Upside Down
    The Happy End
    Turn Things Upside Down
    【1990年発表】

    謎の英国のバンド、"The Happy End"。
    僕も未だに実体は判りませんが、一言で云えば、"音楽ジャンルを超えたゴキゲンなホーンバンド"。
    そもそもの出会いは、あるFM番組の中で、"TOKYO BE-BOP"のサキソフォン:ダディ柴田氏がゲスト出演された際に紹介してくれたことから始まります。
    その曲が、一曲目の「The Oakey Strike Evictions」。
    '90年代初めの当時、僕は大学生だったのですが、友人から譲り受けたCDプレーヤーを設置した後、その友人とコーヒーか何かを飲みながら番組を聴いていた時にこの曲が流れ、二人して「この曲、いいよね・・・。」って話した憶えがあります。
    またその後何年か経ち、僕たちの結婚披露宴のBGMでも使用したというエピソードもある曲です。



    ※ 『エドサリ RECOMMEND』 ・・・
      現在活動休止中(?)の僕も属するバンド「The Ed Sulliband」(通称:エドサリ)。
      この『エドサリ RECOMMEND』は、いつになるのか判らない活動再開のために、
      (主に)メンバーに向けて、気になる音楽ネタを不定期に届けています。
      最新記事を含む過去の内容はこちらから。


    【2005/10/17 18:56】 in エドサリ RECOMMEND | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    竜之介の兄貴ぃ
    今夜の「さんまのスーパーからくりTV」の「ギター少年竜之介くん」のコーナーには、Charも再登場。
    竜之介くん with Char

    我が子は、彼らの演奏シーンを見て、突然アコギを持ち出して弾き(?)始める。
    弾いているつもり
    もっとラクな姿勢で弾きなよ・・・。(おっ、天使の輪だ!)
    竜之介の兄貴ぃ、うちの子にも教えたってくれへんか~!?


    【2005/10/16 20:54】 in KID | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    あっ、嵐?
    朝、テレビのチャンネルを変えていたら、「仮面ライダー 響鬼」に懐かしい姿を発見。
    往年の(時代劇風)特撮ヒーローの「変身忍者 嵐」そっくりのキャラが刀を振り回している。
    響鬼 vs 鬼の鎧 鬼の鎧

    チャンネルを留め、よ~く見てみると何か違う。
    オリジナルでは目の上にある特徴的な大きな羽根が、短く白いものになっていたからだ。
    そのおかげで、ホンモノの鷹により近くなった印象を受けるが・・・。
    また、上半身は鎧になっていたし、細部もオリジナルとは異なる。
    番組の中では、"昔、人間が鬼の力を代用するために作ったといわれる鬼の鎧"という設定だったが、"嵐"というキーワードは出てこなかった。
    ソフビ魂 VOL.18 変身忍者 嵐 変身忍者 嵐

    ところで、この"嵐"、僕が遡る事のできる記憶の中で最も古い部分に居るキャラ。
    父親に馬(ハヤブサオー)になってもらい、商売道具の尺差しを振り回し、よく真似事をしたっけ・・・。

    その後も両指を使って、「吹けよ嵐!変身忍者 嵐、見参!」って遊んでいました。
    指の嵐

    そういえば、この"響鬼"に、両親と親しくしているご夫婦の息子さんが"射吹鬼(イブキ)"役で出演しています。
    僕は会ったことはありませんが、とてもカッコイイ青年だそうです。


    【2005/10/16 11:06】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    再会
    昨日の展示会でバッタリ再会したかつての会社の同期の輩。
    僕と同じくその会社を退職し地元上場企業に勤める輩との三人で酌み交わす。

    天ぷらをつつきつつ、、今の会社の状況や他愛もない話を肴にゆったり時間を過ごす。
    二人とも仕事が大忙しのようで、充実感(疲労感?)が伝わってくる。
    こういう話を聴けるのは、とても嬉しい。
    二人とも元気そうだったしね・・・。

    今宵は、お腹いっぱいになった。
    この店オススメの"きのこ汁"。(食べる前に写真撮っておけばよかった・・・。)
    十種類のきのこがふんだんに入った香り高い田舎の味。
    いつもどおり、美味かった。
    きのこ汁(完食後)

    また、会おう。


    【2005/10/15 21:48】 in GOURMET | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    四段重ね
    四段重ね
    こんなん、出来るようになった。


    【2005/10/14 20:54】 in KID | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    展示会
    地元企業・学校(及び国内の有数企業)が出展している展示会へ。
    久し振りに会った方々とも話しができたり、地元の産業の様子が伺えて有意義な時間だった。

    展示会会場
    会場は、廃墟となった工場跡地が使われていたが、足元には細かい砂がいっぱい。
    しかも、風が時折スーっと抜ける。
    機械系の企業が多いので、出展社が気の毒だった。

    一応、アンパンマン
    中学の先輩に声を掛けられて、そのブースで作った粘土ローソク。
    わりと上手くできた。


    【2005/10/14 14:19】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    ひつじ雲
    空を見上げると、ひつじ雲が。

    子どもにさっそく見せてみる。

    ひつじ雲

    空に向かって「メー、メー!」って叫ぶ変わりものの父子になってました。


    【2005/10/14 09:08】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    教室
    こんな教室で講習を受けています。
    バランスボールを椅子代わりにして使っています。

    教室 自席

    "教室"って聞くと、僕の場合は"森川美穂"かなぁ?!。
    結構、好きでした。

    さぁ、帰ろ・・・。


    【2005/10/13 16:18】 in DIARY | Permalink | Trackback(1) | Comment(0) |
    グローブ
    サイクリング中、朝陽が顔を出す。

    朝陽

    今日は、昨日と違って暖かい日になりそうだ。

    朝の走行にはグローブが要る季節になった。


    【2005/10/12 06:30】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    佳境
    本日より、講義はMS-ACCESSへ。
    一連の講習での佳境に入ったわけだ。

    かつてSEだった時に(RDBよりは)NDBの環境だったことや、前職で(最初は訳も判らず)SQLを記述し大量のデータ抽出や更新をやったことを思い出す。
    今まで経験した断片的なシゴトが一つの線で結ばれるような気がする。
    改めて学ぶデータベースの世界・・・、面白くなりそうだ。

    授業中、補助テキスト代わりに以下のサイトを参照。
     「Microsoft Access Club」
      Microsoft Access Club
     「モーグ」
      モーグ


    【2005/10/11 23:29】 in DIARY | Permalink | Trackback(1) | Comment(0) |
    シャッフる
    昨日、購入したiPod shuffle
    Apple iPod shuffle 1GB M9725J/A
    購入といっても、家電量販店のポイントが2.5万円程あったので、有効期限前にいっさいを使ったんだけれども。

    直前までiPod nanoと迷ったのだが、あまりにも品薄の状態が続いているので、shuffleにした。
    店員に聞くと、一昨日に第二陣のデリバリー分が着いたようだが、予約者全てを掃けるほどの入荷数ではなかったようだ。

    サイクリングの時に気軽に持っていけることを考えれば、shuffleで充分。
    気軽なので、音質にもこだわらない。
    ただ、ヘッドフォンはSONY製のインナーイヤータイプにした。
    純正タイプは、耳が痛くなるんだよね・・・。
    思い返せば、ヘッドフォンステレオとの出会いは小学校高学年のとき。
    '79年発売の二代目ウォークマンのだった。
    ソニー WM-2
    あれから比べると、ほんと軽量になったよね・・・。


    【2005/10/10 20:35】 in MUSIC | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    新宿(再び)
    再び、新宿へ。
    新宿

    ライヴは、リラックスしながら聴くことができ楽しかった。
    「バルセロナの夜」やビートルズの「Come Together」を聴けて嬉しかった。
    また、ステージにはピレネー犬が登場するし、観客へのおみやげとしてコーヒー豆が配られたり、演奏後には公開インタヴューが催されたりと、いつものホールでのライヴとは違いアットホームな雰囲気ものだった。
    席を立って観ることはなかったけれども、スウィングしっ放しの2時間でした。

    MICACO 最前列に配られた案内 デイジーブレンドコーヒー
           ↑MICACO         ↑最前列に配られた案内   ↑デイジーブレンドコーヒー

    慌しい旅だった。子どもと両親が、僕たちを待っている。
    新宿駅

    家へ帰ろう・・・。


    【2005/10/09 19:02】 in MUSIC | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。