beat goes on...
       
     
[New Entry]  [Admin]

PROFILE
【Title】 beat goes on...
【Author】 happyman
名古屋、長野、東京での生活
を経て、2005年2月、16年振り
に故郷に戻ってきた。
僕の野望は、まだまだ続いて
ゆく…、のかな?!


MY ALBUMS
  • 『Sweet Ray』   
  • 『M.ライオンなモノ』   
  • 『Wouldn't it be nice?』   


  • エドサリ RECOMMEND
    OUR RUSTY WAGON
    PLAGUES
    PLAGUES
    これまでの投稿はこちら


    CALENDAR
    08 | 2005/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • COVEな夢(10/03)
  • 今日パノ(10/02)
  • 並走(10/01)
  • 今日パノ(09/25)
  • スカイツリー(09/23)
  • 閉店前に(09/23)
  • 朝食(09/22)
  • 今日パノ(09/19)
  • 道草サイクリング(09/18)
  • 赤身ジャケット(09/16)
  • 侵食(09/15)
  • (09/11)
  • 今日パノ(09/11)
  • 今日パノ(09/10)
  • すてきステーキ(09/05)
  • 花火(09/04)
  • 朝焼け(09/04)
  • カンテラ(08/31)
  • 邪魔烏賊(08/29)
  • 食べっぷり(08/29)


  • RECENT COMMENTS
  • ちびシオン #001
    tree-end.gif happyman (06/24)
  • 三輪車
    tree-end.gif happyman (06/24)
  • ご無沙汰
    tree-end.gif happyman (06/24)
  • ちびシオン #001
    tree-end.gif yanawin (06/23)
  • 三輪車
    tree-end.gif かしぃ (06/01)
  • チビの好きなCM
    tree-end.gif トシ (11/08)


  • RECENT TRACKBACKS


    ARCHIVES
  • 2011年10月 (3)
  • 2011年09月 (14)
  • 2011年08月 (16)
  • 2011年07月 (12)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (6)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (12)
  • 2010年11月 (12)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (22)
  • 2010年08月 (16)
  • 2009年07月 (17)
  • 2009年06月 (12)
  • 2009年05月 (2)
  • 2008年01月 (4)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (14)
  • 2007年09月 (11)
  • 2007年08月 (22)
  • 2007年07月 (30)
  • 2007年06月 (24)
  • 2007年05月 (28)
  • 2007年04月 (33)
  • 2007年03月 (35)
  • 2007年02月 (31)
  • 2007年01月 (28)
  • 2006年12月 (36)
  • 2006年11月 (30)
  • 2006年10月 (26)
  • 2006年09月 (43)
  • 2006年08月 (43)
  • 2006年07月 (36)
  • 2006年06月 (34)
  • 2006年05月 (57)
  • 2006年04月 (36)
  • 2006年03月 (33)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (34)
  • 2005年11月 (37)
  • 2005年10月 (44)
  • 2005年09月 (31)
  • 2005年08月 (29)
  • 2005年07月 (33)
  • 2005年06月 (32)
  • 2005年05月 (15)


  • CATEGORY
  • HELLO! (1)
  • DIARY (541)
  • KID (202)
  • RAYCIOUS WORDS (24)
  • FAMILY EVENTS (22)
  • GOURMET (58)
  • DH RIDE (56)
  • エドサリ RECOMMEND (30)
  • MUSIC (33)
  • GUITAR (7)
  • MOVIE (6)
  • SPORTS (15)
  • MOTOR (25)
  • TRAIN (15)
  • TRIKE (9)
  • FASHION (15)
  • BOOK (19)
  • GOODS (15)
  • GOLDFISH (7)
  • CURRENT EVENTS (16)
  • WEB TOOLS (9)
  • BLOG CUSTOMIZING (9)
  • MOBLOG (1)


  • SEARCH


    LINKS
  • なんちゃって農夫
  • リーマン日記


  • OTHERS
  • RSS 1.0
  • モバイル
  • FC2ブログ(blog)


  • MOTO NEWS CLIP


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 in スポンサー広告 | Permalink | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
    夕焼け
    キレイだね…。

    夕焼け

    秋が深まれば、僕の大好きなマゼンダ色の夕焼けも見ることができる。

    撮影のチャンスがあれば、ぜひ、また・・・。

    9月も今日で終わり。


    スポンサーサイト
    【2005/09/30 17:42】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    英語、親しんでる?
    毎週木曜日の午前の一時間ほど、妻が子どもを連れて英語教室に通っている。
    乳幼児を対象としたもので、遊びを通して英語に親しむというもの。

    絵本やカードを使って動物や野菜・フルーツを英語で話したり、「だるまさんが転んだ」で鬼が英語を使うようにしたり、英語の曲を歌ったり踊ったりと、英語の環境で、日常的な遊びをしている。
    子ども本人は、英語という意識はないだろうが、いつも元気に楽しんでいるようだ。(時折、別部屋へ脱走するのだが・・・。)
    ちょうど今頃、ワイワイ、バタバタやっているんだろうな・・・。

    英語教室
    写真は、先週、僕もオブザーブした際に撮ったもの。
    母親の膝の上を離れ、先生が持っているイラストカードに駆け寄った様子。



    【2005/09/29 10:08】 in KID | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    他の生徒さんのプレゼン
    昨日の記事に付随して・・・。
    昨日欠席された女性が本日プレゼンを行い、全ての生徒のプレゼンが完了。
    その中で、印象に残った(というかトリビア的な)、他の生徒さんについて感想を少々・・・。


    ● 「スノーボードについて」 (20代:
     自ら最初の順番を選んでのプレゼン。
     まさか、全身スノボファッションで登場するとは思わなかった。
     終始ゴーグルをしっかり着用してのプレゼン。
     これも、トレーニング?!ってな感じで圧倒された。
     余談だが、彼女は初級シスアド合格を目指している。
     ガンバレ!!

    ● 「テラ・フォーミングについて」 (20代:
     映画や小説にはありがちだが、実際に研究されているんだね・・・。
     惑星地球化計画=火星に人類が移住する計画についての話。
     NHKでよく放映されるスペシャル番組を見ているようだった。
     これまでに人類が地球に対してしてきたことへの警鐘を鳴らす内容
     でもあった。

    ● 「日米の文化比較について」 (50代?:
     夏は長袖を着る程の冷房と、冬はTシャツで過す程の暖房の実態。
     そりゃ、京都議定書から離脱するはずだわ・・・。

    ● 「パスタについて」 (20代:
     プレゼン後、厚めの炭焼きベーコンの入ったカルボナーラを食べたく
     なった。
     日本人がしがちなフォークの他にスプーンを用いて食べることは、
     イタリアでは、お子ちゃまのなさることだそうだ。
     僕は不器用なので、逆にスプーンは使えない。

    ● 「うまい棒について」 (20代:
     あのキャラは、てっきり"うまいもん"って名前だと思っていたけれど、
     未だに名前は付けられていないそうだ。(まぁ、その名前だったら、
     まんまだから藤子プロに訴えられるわな。)
     「たこやき味」は、フレーバーを二回吹き付けるので一番、製造コスト
     が掛かるらしい。
     一番の人気は「めんたい味」。僕も、それが一番好きです。

    ● 「小説"半島を出よ"について」 (40代?:
     福岡ドームが舞台なので、リアル度の高い近未来小説。
     途中までのストーリーを聞いたが、続きを読んでみたい。
     "ある少年の集団"って何?何?何?
     村上龍らしい緻密な調査力が伺いしれる小説だと思う。
     読みたいと書いたが、映画化して欲しいとも思った。
     防衛に関する自覚が芽生えた、と感想を述べられていた。

    ● 「趣味・特技について」 (20代:
     趣味や特技を特に持たない自身について、どうあるべきかという概念的
     な内容で 説明をしたユニークなプレゼン。
     精神の中の源流を見出す"ビート詩人"的な手法を感じた。
     本人は「このプレゼンはやっつけ仕事だ」と淡々と云うが、セリフは結構
     文学的だった。
     ちなみに彼が理想とする人生のイメージは、「アメリカ人よりはイタリア人
     のように」、「ラオウよりはジュウザのように」、ということだ。
     もしも僕が起業することがあるならば、彼を相棒にしたいと密かに思って
     いる・・・。


    他にも印象的なものはありましたが、各生徒さんの人となりが堪能できた一日でした。


    【2005/09/28 23:28】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    新解さんいらっしゃい! #02
    本日は、いよいよ「PowerPoint」による個人のプレゼン。
    テーマが「自分の趣味・特技」というカジュアルな内容なので、いかにみんなが楽しんでもらえるかと考え、以前、ブログで書いた記事を膨らましてストーリーを作った。(詳細は、昨日の記事で。)

    やってみての感想だが、自分としては、ほぼ成功したという感触。
    まぁ、そもそも、話し切りでハードルが低い上、ネタの半分はパクリなので、たいそうなことは云えないが、述べる内容の言い忘れも無く、聞き手の表情を見つつ話すことができ、内容をそれなりに咀嚼して自分のコトバで表現できたし、何といっても教室内で"程よい"笑いを頂戴することができたのでよろしかったんじゃないの~ってな感じっす。
    また、暗がりの中だったので、聞き手の視線を引き付けるため、赤いネオンが光る(子どもの玩具の)ミニ・ライトセーバーを持参し"指し棒"として用いたりと、決してビジネスシーンでは在り得ない小道具まで登場させた始末。
    ブログでも言えるのだが、改まった場において人前で自論を表現する時はユーモアの落し所やバランスが難しい。
    ユーモア先行のプレゼンは聞き手も疲れるし、述べたい内容が薄れる。
    ストーリーの中に、ピリリとスパイスのように入るユーモアくらいがベターだと思う。
    そういう意味では、ユーモア度の割合が多かったと反省しているが・・・。

    僕のプレゼンに、聞き手の女性の一人が感想コメントを寄せてくれた。


    皆が参加できるプレゼンでした。
    ライトセーバーが眩しい
    色の統一感があって見易いスライドでした。
    声に抑揚があって聞きやすかったです。
    リハーサルを昨日見させてもらいましたが、(本番と合わせて)2回聞いてもおもしろかったです!!
    むしろ、今日のほうがおもしろい!!
    (昨日から増えた)画像探すの苦労されたんじゃないでしょうか?
    聞いている私もどんどんのめりこんでいきました。
    すごく良い「10分」の使い方だと思います。
    そういえば、家に新解さんがあったような・・・
    探して読んでみたいと思います。


    こんなに褒められたことは久し振りです。
    彼女の"着物"に関する実演付きのプレゼンも素晴らしかったよ!
    きっと彼女も、年上の僕へのマイナスコメントは書きにくかったのでしょうが、今日は素直に受け止めましょう。
    デヘヘ・・・ ヾ(´▽`*)ゞ テレルナァ


    [READ MORE...]
    【2005/09/27 20:21】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    新解さんいらっしゃい! #01
    明日は、授業の中で「PowerPoint」を使った生徒個人のプレゼン。
    一人あたり10分の時間が与えられ、自分の趣味・特技について話す。

    僕は、以前の記事をモチーフに「新解さんいらっしゃい!」と題した「新明解 国語辞典」の魅力について話す予定。

    本日は、終日、そのスライドづくりやセリフ内容に時間を費やす。
    ヘタなアニメーションやサウンド効果は使わず、文字を太く大きめにし、新解さんのカバーにあるレッドやオレンジの色彩をポイントとしたデザインで、聞き手の眼が疲れないようにした。
    まぁ、プレゼンはスライドも重要だけれど、中味や結論がしっかりしていなければ本末転倒なので、そちらに掛けた時間の方が実際多い。

    明日のプレゼン本番での僕の目標は、"聞き手の表情や様子を見ながら、臨機応変に話す"ということ。
    その上、"聞き手を笑わす"ということ。
    ガハハと笑ってもらっては困る。ニヤニヤした笑いが欲しい。

    知っている内容だけに如何ようにもアドリブが利くので、聞き手が楽しんでくれればいいな。
    できることならば、「新解さん」の魅力にハマってくれる人が増えてくれればと願いつつ・・・。

    別に得点が付くわけもなく、成績には全く影響しないのだが、僕、結構、マジです。
    その結果は明日のお楽しみ。
    感想は、また明日書きます。


    【2005/09/26 20:04】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    友人の彼女
    山口県に住む友人が、こちらに遊びに来たので、もう一人の友人も含め三人で飲む。
    僕らは、同じ大学の同じサークルで4年間過した仲だ。
    久し振りに会ったので、楽しい時間を過せた。

    しかし、ビックリしたよ。
    その山口県の友人の彼女・・・。
    15歳離れていると聞いたので、てっきり年下だと思って話を続けていたら、実は年上だった。

    36歳の男性と52歳の女性との恋。
    恋愛に年齢は関係ない・・・。


    【2005/09/25 23:24】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    ウチにも点検商法
    ネットオークションで落札した商品が本日届くので自宅で待っていたら、下水工事で配管を見せて欲しいという業者が・・・。

    通常ならば玄関モニターから様子を観て居留守を使うのだが、モニターが白黒なので、てっきり、郵便局員か宅配業者かと勘違いして、受け答えしてしまった。

    まぁ、そもそも、こんな三連休のど真ん中に工事だなんておかしいし、行政からは事前の連絡も何もなかったので、有りがちな"排水管点検詐欺"だと端から食って掛かった上で、直接に顔を合わせることにした。
    結局、僕の出した鋭い質問に、相手もボロが出てくる、出てくる・・・。
    意図的に僕が大きめの声を出したので近所の方や、事前に電話しておいた父も駆けつけてくれ、業者二人を周りから三人が囲むようにし、結局、業者はドラマの1シーンに在るような様子で、逃げるように去っていった。
    どうやら(案の定)、"点検商法"だったのだが、作業服を変えては、ここ数日の間に周辺で出没しているらしい。

    その後は、近所の方々に注意を促したり、役所の当直に連絡したり、派出所に行ったりと歩き回った。
    派出所の鈍感な対応には唖然としたが、とりあえず、近所での被害は無くて、よかった、よかった・・・。
    そして、僕の街には平和が戻ったのである。(・・・よネ?!)


    【2005/09/24 17:58】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    ミニSL
    本物と同じ仕組みで走る「ミニSL」に乗ってきました。
    博物館の芝生の上に一周約70mの線路が引かれ、子どもは2回乗車しました。
    ミニSL

    子どもはというと、最初は神妙な表情。
    周回する様子を外から見る度に、慣れてきたようで「シュッ!シュッ!」と声を出して、はしゃいでいた。
    彼は、プラレールのような列車の玩具で遊んでいても、線路を走る様子を楽しむのではなく、車輪の動きに異常な興味を示す"動力マニア"なので、案の定、動輪やそれらを繋ぐ主連棒(連結棒)の動きに見とれているようでした。

    図解 SLニセコ号

    ちなみに、テレビ局の取材も受けましたが、放映されたかは不明です。


    【2005/09/23 22:21】 in KID | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    少年野球
    祝日ということで、今朝はいつもより一時間遅くサイクリングを開始。
    途中にあるグラウンドで、懐かしいベースボールキャップを見かけ、足を止める。

    僕も在籍していた小学生の軟式野球チームが他校チームと試合をしていた。
    コーチをしていた幼なじみとバッタリ会い、話をしたのだが、6年生のメンバー数が9人満たないようで、少子化や男児の野球離れを感じる。
    当時は、ベンチメンバーも含めて一学年で2~3チームは在ったのにね・・・。

    でも、真剣に野球を取り組んでいる子どもたちの表情はイキイキしていたよ。
    ウチの子は、野球するのかな・・・?!


    【2005/09/23 09:57】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    サイクロコンピュータ
    僕のMTBに新たな味方が加わった。
    味方といっても、パーツ「サイクロコンピュータ」。
    いわゆる自転車用の速度や走行距離を表示するための小型メーター。

    CAT EYE 「CC-MC100W」
    CC-MC100W

    取付が面倒くさそうだと思って遠慮していたが、ワイヤレス(ケーブル配線不要)な上に、バックライトや時計、ストップウォッチ機能なども付いており、これは使えると思い、衝動買いをした。
    明日からのサイクリングに役立てたいと思っている。

    ところで、MTB競技に興味を持ち始めている。
    ダウンヒルとまではいかないが、泥だらけになりながらもダートコースを走ってみたいなぁと、ごくごく自然に思ったのだ。(最初はファンライドから・・・。)
    前職では、(在る意味で)国内で最初にMTB専用コースを創り上げた方と一緒に仕事をする機会があり、魅力を存分に教えてもらった。
    今では全国各地にあるコースだが、ちょうどよいことに我が家の近隣にも専用コースの設備がある。

    (僕の性格上、)いずれはスピード追求になるとしても、(妻も含め)親子で一緒に楽しめそうなスポーツではないかなという期待も含んでいる。
    イニシャルコストが多少なりとも掛かるので、決してお手軽ではないが、希望が叶えられれば嬉しいな。

    ちなみに、このことを妻に話したら、渋い表情とキツイ一言を頂いた。
    そりゃ、そうだ・・・。
    僕にはもっと優先すべきシゴトがあるからね。


    【2005/09/22 23:47】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    パンプアップ
    朝のサイクリング。

    GARY FISHER 「MONTARE '92」

    ちょっと調子に乗りすぎて、オーバースピード気味・・・。

    慣れてきたこともありますが、湖岸にいる鳥や花々を見ながらだと、気持ち良くって抑えているペースをついつい越えてしまう。

    湖岸

    終えると、大腿四頭筋がパンプアップしているのが実感できます。

    その後の冷水シャワーが心地よいです。


    【2005/09/21 08:40】 in SPORTS | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    びっくりラーメン
    ランチに、出先近所の「びっくりラーメン」へ。

    味は度外視して、このセットで、税込み500円は安いです。

    唐揚げセット

    でも最近の僕には、このボリュームはキツイですわ・・・。

    もっと安いメニューで充分です。


    【2005/09/20 12:13】 in GOURMET | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    ライオンに食べられる
    昨日より、友人二世帯が遊びに来てくれた。
    それぞれの子供たちが、より成長し、楽しいひとときを過せた。

    写真は、信州は白樺湖にみんなで行ったときのもの。
    「レゴ王国」に立ち寄り、レゴビルダーのシゴトの素晴らしさを感じる。
    レゴのライオン 鬣アップ
    ライオンの鬣(たてがみ)が、無数の"おサルさん"だったとは・・・。

    あまりに大きくて、我が子は食べられてしまった。(ヤラセ度:100%)
    ライオンに食べられる


    【2005/09/19 23:54】 in KID | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    中秋の名月
    今年も昨年に引き続き、満月の日と重なった。

    まんまる、まんまる・・・。

    中秋の名月

    今宵は、友人たちが泊りがけで、我が家に訪れてくれた。

    それだけで嬉しいので、杯が進む。

    既に、オジサンどもは、ほろ酔いっす・・・。


    【2005/09/18 20:48】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(2) |
    ワルツを唄う
    ウチのボウズ・・・、
    DVDを観ながら、いつ間にかスゴい芸当ができるようになった。
    ベイビー・ネプチューン Dance! Dance! Dance! 

     「スケーターズ・ワルツ」のメロディに合わせ、
     サイドステップを踏みながら、
     "グヮッ!グヮッ!"っと正しい音階で唄う(叫ぶ)。
     しかも、繰り返し、同じように。

    想定外のことだったので、感動です・・・。


    【2005/09/17 23:09】 in KID | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    プロ論。
    アッという間に読めた一冊。
    「仕事がつまらない」と感じ始めたら、ぜひ・・・。
    様々な分野の著名人の方々が、有り難~い 能書きをたれています。 哲学を語っています。

    プロ論。
    B-ing編集部
    プロ論。

    個人的には、海洋冒険家の白石康次郎氏が語っていた「何をすべきか"良質な決断"をすることが重要」というコトバに感銘を受けました。
    (何事にでも)そんな、1クラス上の判断力を身に付けたいものです・・・。


    【2005/09/16 23:01】 in BOOK | Permalink | Trackback(1) | Comment(0) |
    エドサリ RECOMMEND #008
    前回、紹介した「Summer Breeze」
    カヴァー曲も収録されているこちらのアルバムを聴き直してみたが、いいアルバムだなと再度感じた。

    Richmondo High
    Great 3
    Richmondo High
    【1995年発表】
    ※試聴はこちら。

    94年の「ロッテン・ハッツ」解散後、そのメンバーだった片寄明人、高桑圭、白根賢一の3人によって結成された「Great 3」。(残りの3人は「Hicksville」を結成。)
    それなりに実績を重ねてきた彼らだが、新たなバンドとしてのデビューアルバムということもあり、敢えて醸し出した"青さ"や"無垢さ"、"意気地無さ"を上手く表現しているなと感じる。
    また、ソフトロックの繊細なメロディの中に潜んだ"狂暴性"や"衝動性"を詞やサウンド、片寄氏の声質から感じることができる。
    年齢も僕とさほど変わりない彼らだが、この"インテリジェンスなやんちゃ坊主たち"による演奏はゴキゲンだ。
    それは、僕の好きなギタリストの一人である長田進氏がプロデュース(演奏にも参加)していることも多分にあるだろう。
    発売当時、タワーレコードで、パワープッシュしていた頃を想い出すよ。



    ※ 『エドサリ RECOMMEND』 ・・・
      現在活動休止中(?)の僕も属するバンド「The Ed Sulliband」(通称:エドサリ)。
      この『エドサリ RECOMMEND』は、いつになるのか判らない活動再開のために、
      (主に)メンバーに向けて、気になる音楽ネタを不定期に届けています。
      最新記事を含む過去の内容はこちらから。


    【2005/09/15 23:32】 in エドサリ RECOMMEND | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    お御輿ワッショイ
    夕方、近隣の神社の八朔祭があり、こども御輿に参加。
    「八朔(はっさく)」とは、旧暦8月1日(朔日)の事で、農家でその年の新しい穀物取り入れて祝いをすること。
    全国各地にも在るこの風習は今も続いている。
    僕も小さい頃は、年一回の楽しみなイベントだった。
    参加は中学生以来になるだろうか。
    子供の数も減ったせいか、時代が移ったせいか、当時の賑やかさはなく、露店は一軒もなかった。
    なんか、拍子抜けしてしまった。

    我が子は、御輿を不思議そうに眺めたり、お払いする宮司の服装に興味を示したりしていた。
    昔と比べると、ちょっぴり寂しい祭りになってしまったけれども、五穀豊穣、家内安全を祈ることには変わりはない。
    そうそう・・・、
    そして、この神社の境内に行くには、長い石段を上らなくてはいけないことも変わりはない。
    お御輿ワッショイ 参道の石段


    【2005/09/14 21:56】 in KID | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    「金のことば」ポスター
    やっばっ!!
    昨日書いた書籍『子どもが輝く「金のことば」』のポスターを作っていたら、こんな時刻になっちゃった。
    ポスター
    A3サイズをとりあえず、トイレに貼ってっとっ!
    明日の朝、妻はビックリするかなぁ?
    っていうか・・・、彼女が起床する前に早朝サイクリングに出かけるんですよ!
    (結局起きられませんでした・・・。(・・*)ゞポリポリ)

    おやすみさん。


    【2005/09/14 03:40】 in BOOK | Permalink | Trackback(0) | Comment(2) |
    金のことばたち
    先週くらいからだろうか・・・。
    我が子の自我が噴火山の如く、爆発し始めている。

    例えば、「あちっ!あちっ!」と指をさしながら半ベソで叫ぶ。
    これは、"あっちに行きたい、家の外に出たい"という意味。
    屋外には、彼の好きな鉄道なり、自動車なり、(もう時期は終ったが)花火なり、広々とした空間なり、魅力的なものが揃っているからだろう。
    これが、朝から夜にかけて引っ切り無しに続くのでオトナも苦笑いになるのだが、状況に応じて、時には要望に応え、時には無理であることを諭している。
    まぁ、僕は日中、家を留守にしているので、実施のところは妻をはじめとした家族がうまくやってくれている。感謝!m(__)m

    正直、僕も妻も父親(母親)一年生。
    子育てに関して云えば、判断、行動、表情、ことば等、瞬間瞬間で迷う事や失敗や反省がいっぱいある。
    そんなときに、"親として責任感"とか"子育ての重圧"とか"限られた時間の中で父親がとるべきスタンス"といった(親になったらそれなりに抱くだろう)悩みや不安について、肩の荷をちょっと軽くしてくれる本に出会った。

      子どもが輝く「金のことば」
      多湖 輝
      子どもが輝く「金のことば」

    ある程度のことばを理解できる子どもが対象になるのだが、両親が掛けてあげる"ほんの短い、身近なことば"で子どもは輝くそうだ。
    そして本の中では、決して難しい単語なんか使われていない112もの"ことばたち"が紹介されている。

     正しいことを教える時
     勇気や自信を育みたい時
     気持ちを明るくしたり、元気にしてあげたい時
     目標を持たせたい時
     安心を与えたい時
     感謝や感動を理解してほしい時

    このような様々なシチュエーションの中で、子どもが輝くであろう「金のことば」を妻と一緒に惜しみなく贈り続けていきたい。

    意外と、オトナが掛けられてもココロに響くことばが多々あった。
    数日かけて、全ての"ことばたち"をいそいそとテキスト化した。
    ちょっとしたイメージでも貼って部屋に飾ろうと思っている。


    【2005/09/13 23:41】 in BOOK | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    日の出製麺所
    以前通販で取り寄せた岡坂商店の「さぬき純手打ち半生うどん」。
    家族の評判が良かったので、今度は違う店のうどんを取り寄せた。

    二度目となる今回は、香川県坂出市の「日の出製麺所」
    「さぬきの夢2000切り落とし麺」という商品名の生麺を注文した。
    名前のとおり、香川県で育成・生産された小麦品種「さぬきの夢2000」を100%使用したもの。
     ・麺の色が明るい淡黄色で、つやがある。
     ・粘弾性や味・香りの面で優れ、食感のバランスが良い。
    といった特長があるようだ。

    今日は暑かったのと、子どもが微熱ぎみだったので、ランチに食べた。
    商品パッケージ さぬきの夢2000切り落とし麺
    説明書きどおり16分間茹で冷水で締めて、冷やで頂いたがとにかく腰がすごい。
    決して芯に火が通っていないわけではない。
    「さぬきの夢2000」特有な個性と、農林水産大臣賞を受賞した職人による技によるものであろう。
    粘りのある腰をおいしく味わうことができた。
    一緒に食べた父親も、この腰を感嘆していた。

    うどん通のyanawinさん、ここのもイイよ!


    【2005/09/12 18:25】 in GOURMET | Permalink | Trackback(1) | Comment(0) |
    投票所
    近所の保育園へ投票に出かけた。
    妻と子と三人で出かけ、投票後は保育園のグラウンドで子どもと遊ぶ。
    ちょっと前まではおぼつかなかったすべり台の階段がスムースに昇れるようになっていた。
    ジャングルジムも登ることはできないにしても、小刻みに方向を変えながら迷路を抜け出せるようになった。
    時々、頭をジムのフレームにぶつけても、しばらくガマンして、自分で痛いところをこするようにもなった。
    小屋のウサギに葉っぱを与え、食べてくれるとニコニコ喜ぶようにもなった。

    ヒマラヤスギ投票所となるこの保育園は、かつて僕も通っていた。
    鮮明な記憶は少ないが、4歳~6歳までの3年間に多くのお友達と遊んだ(はず)。
    クラスの名前は、「すみれ」や「さくら」といった花の名から、「たけ」や「まつ」に変わっていたが、教室やリズム室や遊具、そして大きなヒマラヤスギなど佇まいは何ら変わっていない。
    子どもの笑顔を見ながら、あと数年の間に、こういった所に通うんだなぁと、ふと感じた。


    【2005/09/11 12:20】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    ミルくんを作ってみた
    昨日紹介した"ミルくん"
    ミルくん falling over

    型紙をダウンロードして、厚紙で作ってみました。
    ミルくん 型紙

    息子も気に入ってくれたみたい。
    息子 with ミルくん


    【2005/09/10 23:10】 in MUSIC | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    ミルくんの大冒険
    ブリット・ポップの代表的バンド「blur」(ブラー)。
    彼らの楽曲の中に、1999年リリースの「Coffee & TV」(アルバム「13」収録)という曲がある。
    音楽的な話はさておき、この楽曲のPVが好きだ。
    今もなお、MTVで映像が流れる。(先ほどもOAされていた。)

    映像は、ストーリー仕立て。
    行方不明の息子(Graham Coxon 演)を案じた家族が牛乳パックに写真広告を掲載し、その牛乳パックの"ミルくん"(勝手に命名)が、息子探しのひとり旅に出かけるというもの。
    "ミルくん"の愛らしく、ユーモラスで、勇敢なキャラクターが印象的な作品だ。

      「13」 / blur              「ミルくん」      「ミル子ちゃん」
      13    ミルくん ミル子ちゃん

    PVって云っても、この映像には、人生観の哲学がある。
    「生きる者には、個々に生きる理由があり、人生を賭けてそれを全とうしなければならない。」
    そんなメッセージを僕は受け取った。


    それでは、 『ミルくんの大冒険』 のはじまり、はじまり~。

    1. 牛乳パックに息子の行方不明広告を出したものの依然連絡は無し。
      「Coffee & TV」 PV #01

    2. 家族のうな垂れた様子を見て、ミルくんは息子探しの旅を決意。
      「Coffee & TV」 PV #02

    3. ミルくん、いよいよ出発。「ぜったいに見つけるゾ!」
      「Coffee & TV」 PV #03

    4. 出発した矢先、庭の芝刈り機とニアミス。「お~っと!」
      「Coffee & TV」 PV #04

    5. バイクに乗せてもらい街までヒッチハイク。「楽ち~ん!」
      「Coffee & TV」 PV #05

    6. ようやく街に着いた。「さぁ、聴き込み開始だ!」
      「Coffee & TV」 PV #06

    7. しかし、街は危険がいっぱい。女の子に追いかけられることも・・・。「逃げろ~!」
      「Coffee & TV」 PV #07

    8. おウチへの報告の電話。「まだ、手掛かりがつかめないよ・・・。」
      「Coffee & TV」 PV #08

    9. "願いを叶えてくれる"ってチラシを見て尋ねたらガセだった。「逃げろ~!」
      「Coffee & TV」 PV #09

    10. 何とか逃げ延びた。「あれっ、あんな所にカワイイ女の子が!」
      「Coffee & TV」 PV #10

    11. 彼女がミルくんに手を振ってくれている。「ほんと、素敵だなぁ・・・。」
      「Coffee & TV」 PV #11

    12. 「"一目惚れ"ってこういうことなんですね!!」
      「Coffee & TV」 PV #12

    13. せっかく知り合ったミル子ちゃん。しかし目の前で人間に踏まれてしまう。「そんな・・・。」
      「Coffee & TV」 PV #13

    14. 外はもう真っ暗。缶のモンスター達がミルくんを睨んでいる。「怖いよ~!」
      「Coffee & TV」 PV #14

    15. 灯りの向こうにはもしかして・・・。「やっと、見つけた!!!」
      「Coffee & TV」 PV #15

    16. 息子がミルくんに気付き広告を読んでくれた。「さぁ、一緒に帰ろう!」
      「Coffee & TV」 PV #16

    17. 息子が我が家へ帰宅。彼の手にはミルくん。「ただいま~、連れて来たよ!」
      「Coffee & TV」 PV #17

    18. しかし、夜通しの帰宅で息子はのどがカラカラ。ミルくんをゴックン・・・。
      「Coffee & TV」 PV #18

    19. 抜け殻となってしまったミルくんは玄関先のゴミ箱へ。
      「Coffee & TV」 PV #19

    20. 息子が戻ってきた。両親は慌てて玄関へ迎えに。
      「Coffee & TV」 PV #20

    21. 最後のチカラを振り絞り、ミルくんは家族に手を振る。「ヨ ・ カ ・ ッ ・ タ ・ ネ ・・・。」
      「Coffee & TV」 PV #21

    22. そして、ミルくんは天職を全とうし天に召された。
      「Coffee & TV」 PV #22

    23. 天高く、天高く・・・。
      「Coffee & TV」 PV #23

    24. 「でも、ぼくは一人ぼっちじゃないよ・・・。ミル子ちゃんと一緒だからね。」
      「Coffee & TV」 PV #24
     おしまい

     forever be.


    [READ MORE...]
    【2005/09/09 00:50】 in MUSIC | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    サイクリング
    湖を一周するコース。

    晴れた朝の6時台。

    湖面の艇から「キャッチ!ソー・・・」というコックスの掛け声が響く。

    その向こうには美しい山々、そして空は高く、雲の流れも速い。

    艇 湖面

    16kmの距離を54分で一周。
    時速17.7kmは、希望どおりのペース。

    それなりに汗ばみ、心地よかった。

    今日も暑くなりそうだ。


    【2005/09/08 07:45】 in SPORTS | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    明日の朝
    子どもを寝付かせようとしたのだが、今晩はうまくいかなかった。
    グズるわけでもなく、いい子にDVDを見ていた。
    しかも、30分×3本。

    「父ちゃん、明日、早起きしたいんだけどな・・・。」と思いつつも、DVD鑑賞に付き合ってしまった。

    そう、明日の朝は早起きしてサイクリングをしようと思っている。
    雨や台風で二日間我慢していたのでウズウズしている。


    【2005/09/07 23:33】 in KID | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    オレンジ号
    ミュージシャンの忌野清志郎氏愛用の自転車「オレンジ号」。
    気の毒に、盗難にあってしまったらしい。
    オレンジ号

    こういう話って、いつ聞いても良い気がしないものだ。
    僕も以前、自転車の盗難にあったことがある。
    帰宅しようと思って駐輪場に行くと、サドルだけ無くなっていた。
    僕のだけでなく他にもサドルのない自転車が何台かあった。
    また、サドルカバーだけとか、ライトだけとか、パーツでの盗難がその後もあった。
    案の定、結局どれも見つからなかった。

    先日オーバホールから帰ってきたMTBも10年以上の付き合いなので、盗難されないように管理しないと・・・。

    しかし、著名人の盗難は(庶民と違って)ニュースになりやすいので、多くの人の協力が期待できてイイよね・・・。
    盗んだ人は、さっさと返してあげな。


    [READ MORE...]
    【2005/09/06 10:59】 in CURRENT EVENTS | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    朝から雨
    サイクルショップにオーバーホールのため出していたMTBが昨日戻ってきたので、早朝のサイクリングをと思っていたが、雨のための出鼻をくじかれる。

    時速18kmのペースで約20kmの環状コースを考えているが、このコースは中学生以来で久し振りなのと、タイヤを新調したので、路面が乾いている状況の方が良いかなと思っていたので延期することにした。

    よく秋の運動会で、(日頃の運動不足のせいか)足がもつれながらもトラックを駆けるパパの映像を見るのだが、そうならないためにも適度な運動は習慣づけたいと考えている。

     20050905071746.jpg


    ところで話は変わるが、明け方に、大学の友人達と大食い大会に巻き込まれる夢を見た。
    居酒屋で楽しげに飲んだ後、突然にトンカツ屋に入れられてメニューを渡されるシーンまでは憶えているけど、気持ち悪くなって目を覚ました。

    そのメンバーの中に、下関に住む友人も入っていたのだが、朝、携帯電話を見てビックリ。
    深夜、実際に、彼からの(数年振りの)着信があった。
    昼間にでも、こちらから電話してみようと思っているが、何の用件だろう?


    【2005/09/05 07:28】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    目はココロの窓
    在る実用書にこんなことが書いてあった。
    コミュニケーションに関する内容の書籍で、相手の視線の動き方でココロの様子を掴めるというものだ。(あくまでも、右利きの人を対象に実験したデータらしいが・・・。)


    ●視線が右上を向く場合
              右上
     ・・・ 今までに見たことのない場面を想像している。

      
    ●視線が右下を向く場合
              右下
     ・・・ 身体的なもの(例えば苦痛など)を感じている。


    ●視線が左上を向く場合
              左上
     ・・・ 過去の体験や前に見た場面を思い出している。


    ●視線が左下を向く場合
              左下
     ・・・ 聴覚的なもの(音や声など)を感じている。


    「そうかぁ?」と思っていた自分がさっそく左上を見ていたよ・・・。
    例えば、「昨日はどこで飲んでいたの?」と質問した場合に、相手が左上を向いて答えれば本当のことを言っているけれど、右上を向いて答えたら実際には行っていないところ想像して答えていることになる。
    「目は口ほどにものを云う」ってわけであって、逆に自分がウソをつかなければいけない時は気をつけましょ!


    【2005/09/04 08:01】 in BOOK | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |
    どしゃ降り花火 - 打上げ花火 #04
    19時開始の花火大会。

    間際から降り出した強い雨と雷鳴が今もまだ続いている。

    風も無いから煙が滞って見難いこと極まりないね。

    今回の我が家は出かけもせず、自宅二階の窓から鑑賞。

    花火 #1 花火 #2

    会場にお出かけの数十万人の方々、
    そして花火師の皆さま、
    くれぐれも風邪などひかないように・・・。


    【2005/09/03 19:51】 in DIARY | Permalink | Trackback(0) | Comment(0) |




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。